尿毒症の多様な症状の元となる高窒素血症

腎臓病食の宅配はしっかり口コミを確認して選びたい!

腎臓病食宅配に関しての直近情報が欲しいのなら、腎臓病食宅配についてまとめている当ホームページがおすすめです。誰も把握していなかった腎臓病食宅配の情報を、どの情報サイトよりも簡単に閲覧することが可能です。

TOP PAGE >尿毒症の多様な症状の元となる高窒素血症

□尿毒症の多様な症状の元となる高窒素血症

日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。

摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。

日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。

仮に標準体重を約60kgとすれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。

例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

食事療法については、栄養士に教えてもらいながら様々な工夫について知ることができます。

開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。

甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く含まれています。

お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。

例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のたんぱく質が含まれている訳です。

人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。

そのため、たんぱく質の制限が必要となります。

健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生野菜や素のままの果物に比べてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。

茹でた場合に除去できるカリウム量は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。

小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。

この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。

腎臓病治療は当然病院でふさわしい治療を受けることも先決ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。

食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。

血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。

たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。

しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。

腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病を極力進行させない事と、健康状態の維持になります。

透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。

この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は重要視されます。

CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。

そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見受けます。



Copyright (C) 2014 腎臓病食の宅配はしっかり口コミを確認して選びたい! All Rights Reserved.
top